アピアランスのジグザグ効果で素体を作るひもパターンブラシの描き方

この記事は、DTP Advent Calendar 2019の13日目の記事です。13日の金曜日イヤッッホォォォオオォオウ

 先日、あまり普段描くことがなかったひも(状のもの)の仕事がありました。かれこれ一年分のひもを描いた気がします。

 この記事では、そのとき途中から使っていた省力化について書いています。通常機能を重ねて作るのみなので簡単です。

ベースを作る

 まずはアピアランスを使ってもととなる形を作ります。

1.直線を引いて、ジグザグ効果で波打たせる

 長さ80ptの直線を引いて、[アピアランス]パネルから[ジグザグ]効果を適用。

[アピアランス]パネルから[ジグザグ]効果を適用

 [折り返し]の数は、「折り返しの数に1を足すと線の長さを割り切れる数」にします。この作例では[3]に設定。[大きさ]は極端な数値でなければ好みで。

[アピアランス]パネルから[ジグザグ]効果を適用

2.[変形]効果で、波線を増やす

 [変形]効果を追加して、[移動]の[水平方向]に線の長さ÷((折り返しの数+1)×2))の値を入力。作例では80÷((3+1)*2)で10ptです。

 [コピー]には折り返し数と同じ値を入力。作例では3です。

波線を増やす

 ここまで効果を適用すると、下図のような形になっています。これで素は完成。

素は完成

ひものピースを作る

1.アピアランスを分割、拡張して、基本形状を作る

 [オブジェクト]メニューから[アピアランスを分割]を選択して、効果を拡張します。

アピアランスを分割
線だけの状態に

 続いて[オブジェクト]メニューの[分割・拡張]を選択。塗りだけの状態にします。

分割・拡張 塗りだけの状態に

2.シェイプ形成ツールで整理する

 シェイプ形成ツールで、交差している部分をなくします(4つくらいやれば十分)。ここまでの操作で作ったオブジェクトはグループ化されているので、これをcommand+shift+Gで解除。作例では2回で完全にグループ解除できます。

クロス部分を整理

 この部分は色を変えておきます。

中身は色を変えておく

 黒い部分のどこかを選択して[選択]メニューの[共通]から[カラー(塗り)]を選択。 先程色を変えた箇所以外が選択されるので、[パスファインダー]パネルから[追加]をクリック。

黒い部分を選択し、ひとつにする1 黒い部分を選択し、ひとつにする2

 黒い部分が一つのパスになります。塗ってある部分と合わせて選択して、再度グループ化。これで必要なオブジェクトの整理が完了。

3.必要な部分だけ切り出す

 パターンブラシを使う場合、その中のパターンは必要な部分のみの描画でないとうまくつながりません(スウォッチならだいじょうぶなんですけどねー…)。「2.」までで作ったオブジェクトから、必要な部分だけ切り出します。

 下図①②の箇所を継ぎ目として、①②を横幅とする四角形を作ります(作例では水色にしている箇所)。ひものベースと共に選択して、天地中央に整列します。

四角形を作る

 四角形、ひもオブジェクト両方を選択した状態で[パスファインダー]パネルの[切り抜き]をクリック。

[パスファインダー]パネルの[切り抜き]

 下図の形のオブジェクトができます。このオブジェクトがパターンブラシで使うピースになるので、後で編集して使ったりできるようにシンボルに登録(ライブラリでもOK。この形状をとっておければコピペでもなんでも大丈夫)。これでパターンブラシで使うための形状は完成です。

できた図形は、後で編集して使ったりできるようにシンボルに登録

パターンブラシの設定

 元となる形状はいつでも呼び出せるようになったので、このオブジェクトはシンボルとのリンクを解除。ちょっとゆるい紐っぽいので、縦方向をちょっと変倍。左右から紐を引っ張って締める感じで(①)。[スウォッチ]パネルにこのオブジェクトをドラッグし、パターンを登録(②)。

編集しても影響が出ないようにシンボルとのリンクを解除 左右から紐を引っ張って締める感じで変倍

 続いて[ブラシ]パネルメニューから[新規ブラシ]→[パターンブラシ]を選択。

新規ブラシ

 [パターンブラシオプション]ダイアログを適宜設定して、ブラシ登録完了。[サイドタイル][最初のタイル][最後のタイル]に先程登録したパターンを設定。角に関しては自動で設定してくれるものの中から好きなものを。

パターンブラシオプション

 実際にブラシを使うと、こんなオブジェクトが作れます。

実際に使ってみた

バリエーション

 黒い部分の塗りを[なし]にすれば、間を空白にした紐ができます。そのため、背面に塗りがあると透過してくれます。

間を空白にした紐

トラロープ

トラロープ
トラロープ設定

線幅太くしてフレンチクルーラーに

フレンチクルーラー

おわりに

 この記事で取り扱ったひもピースとパターンブラシのあるファイルをDLできます。zipの中にはCC 2019まで用と2020用のaiファイルがそれぞれ入っています。

CC 2019まで用と2020用のaiファイル

sksksketch-rope.zip

 きっちり描くならサインカーブとか使うんでしょうが、とにかくパパっとひも状のオブジェクトが必要なときに、お役に立てば幸いです。

そういえば

 昨年のAdvent Carenderも12月13日でした。今年は金曜日イヤッッホォォォオオォオウ(2回め)

【InDesign/CEP】InDesignの画像書き出しは結構優秀。画像/スニペット書き出しエクステンション「assetterEX」 | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

InDesignのjpegやpngへの画像書き出しは、「選択オブジェクトのみ書き出しができる」など、結構優秀です。とはいえ、画像を書き出す度にファイル名や解像度を指定するのは面倒なもの。 そこで、InDesignの操作中でも書き出しができるように、パネルから書き出せるようなエクステンションを作成しました。

関連作品または記事

広告